スカイプ@ちゃんねる

スカイプちゃんねる   >   テクニック集   >   コマンド一覧

スカイプ隠しコマンド一覧

スカイプでチャットを行う時、様々なコマンドを使う事が出来ます。
チャットのメッセージ入力欄に「/help」と入力するとコマンド一覧が表示されます。
但し、一覧と云ってもコマンドのみ列挙される為、コマンドの持つ機能や使い方は下記をご参照下さい。

コマンド 解説
/add [Skype名] コンタクトをチャットに追加。
例: 「/add skype_channel」は、「skype_channel」と云うIDのユーザーをチャットに追加。
/alertsoff メッセージアラート通知。
/alertson [テキスト] 特定のテキストを指定し、そのテキストがチャットで使用されるとチャットがポップアップする様に設定。
例:「/alertson スカイプ@ちゃんねる」は、チャットに「スカイプ@ちゃんねる」が表示された時のみ、アラートが通知。
/call [Skype名] SkypeコンタクトとSkype通話を開始。
例: 「/add okarin」は、「okarin」と云うIDのユーザーへの通話を開始。
/clear チャット履歴の削除。削除の取消は出来ない。
/clearpassword パスワードの解除。
/find [テキスト] チャットで特定のテキストを検索。
例:「/alertson β世界線」は、チャットで最初に表示された「β世界線」という単語に戻る。
/get allowlist チャットにアクセス出来るユーザのリストを表示。
/get banlist チャットから禁止されたユーザのリストを表示。
/get creator チャットを作成したユーザを表示。
/get guidelines 現在のチャットのガイドラインを表示。
/get options 現在のチャットの有効なオプションを表示。利用可能なオプションリストは、下記の「/set options」を参照。
/get password_hint パスワードのヒントを表示。
/get role チャットにおける自分の役割を表示。
/goadmin チャット作成者の名前の横に作成者タグを設定。
/history 完全なチャット履歴をアクティブなチャットウィンドウに読み込む。
/htmlhistory ブラウザウィンドウにチャット履歴をHTMLファイルとして表示。
/info チャットメンバーの人数と参加可能な人数の上限を表示。
/kick [Skype名] チャットメンバーを強制退去。
例: 「/add daru_superhacker」は、「daru_superhacker」と云うIDのユーザーをチャットから強制退去。
/kickban [Skype名] チャットメンバーを強制退去させ、チャットに再参加する事を禁止。
例: 「/add maccho_c」は、「maccho_c」と云うIDのユーザーをチャットから強制退去させ、再参加する事を禁止。
/leave 現在のチャットを退席。チャット作成者は、本コマンド実行不可。
/me [テキスト] 自分の名前と入力テキストを表示。
例:「/me タイムリープ中」は、「タイムリープ中」が自分の名前の横にチャット内で表示。本コマンドを使用し、自身の活動やステータスに関するメッセージ送信が可。
/set allowlist [[+|-]mask] チャットの承認メンバーとして設定。
例:「/set allowlist +mayu_c」は、「mayu_c」と云うIDのユーザーがチャットに参加する事を許可。
/set banlist[[+|-]スカイプ名] チャット参加を禁止するメンバーの設定。
例:「/set banlist +kyouma_hououin」は、「kyouma_hououin」と云うIDのユーザーがチャットに参加する事を禁止。
「/set banlist -rintarou_okabe」は、「rintarou_okabe」と云うIDのユーザーがチャットに再参加する事を許可。
/set guidelines [テキスト] チャットのガイドラインを設定。
例:「/set guidelines 厨二病禁止!」等。ガイドラインは、「/get guidelines」コマンドで確認表示可。
/set options [[+|-]フラグ] チャットのオプションを設定。
例:「/set options -JOINING_ENABLED」は、「JOINING_ENABLED」オプションをオフに、また、「/set options +JOINERS_BECOME_APPLICANTS」は、「JOINERS_BECOME_APPLICANTS」オプションをオン。
『HISTORY_DISCLOSED』 参加者は、参加前に行われた会話を表示可能。表示限度は、メッセージ400件、または、期限2週間のいずれか早く達した方。
『JOINERS_BECOME_APPLICANTS』 新ユーザのチャット参加は可能。但し、CREATOR(作成者)、またはMASTER(管理者)から承認されるまでメッセージの投稿や受信不可。
『JOINERS_BECOME_LISTENERS』 新ユーザのメッセージ受信可能。但し、USER(ユーザー)の役割に昇格する迄、投稿不可。
『JOINING_ENABLED』 新ユーザのチャット参加可。
『TOPIC_AND_PIC_LOCKED_FOR_USERS』 CREATOR(作成者)の役割を持つユーザのみ、チャットのトピックのテキストや添付された写真を変更可能。
『USERS_ARE_LISTENERS』 USER(ユーザ)の役割をもつユーザのメッセージ投稿不可。
/set password [テキスト] パスワードの作成。スペースは使用不可。
/set password_hint [テキスト] チャットのパスワードヒントのテキスト設定。
/setpassword [パスワード] [パスワードのヒント] チャットのパスワードとパスワードヒントを作成。
/setrole [Skype名] MASTER | HELPER | USER | LISTENER チャットメンバーの役割を設定。
/topic [テキスト] チャットのトピックを変更。
/whois [Skype名] チャットメンバーの現在の役割安堵の詳細を表示。
エモーティコン・ショートコード チャットでエモーティコンを表示。

コマンドの後のユーザ指定のテキストを四角カッコ([ ])で囲む必要はありません。
例えば、「/topic [テキスト]」と云うコマンドでは、「/topic 議題:ルカ子は男?女?」と云う様に入力します。
自分がチャットを開始した場合とチャット作成者や主催者により役割が割り当てられている場合とでは、チャットにおける役割が異なります。
また、『』内のコマンドは、「/set options」用のフラグです。

役割 説明
Creator(作成者) チャットを作成したメンバー。各チャットの作成者は一人のみ。他メンバーを管理者に昇格させる権限を持つのは、作成者のみ。
Master(管理者) チャット主催者。管理者には、他メンバーを管理者に昇格させる権限はない。
Helper(ヘルパー) 補助権限を持つメンバー。ヘルパーは、「USERS_ARE_LISTENERS」オプション対象外。ヘルパーには、メンバーを昇格、または降格させる権限はない。
User(ユーザ) チャットにメッセージ投稿可能なメンバー。
Listener(リスナー) メッセージ閲覧のみ可能。チャットにメセージ投稿不可。
Applicant(申込者) チャットへの承認待ちメンバー。尚、一度、承認されたメンバーを申込者に降格する事は不可。

隠しコマンドとは別に、スカイプのチャット機能でのコミュニケーションの補佐に成り得るエモーティコンのショートコードにつきましては、「エモーティコンコード一覧」をご覧下さい。

アクセスランキング